オリファサービサーは、日本初の「現地回収型サービサー」です

HOMESiteMap
事業案内 会社情報 採用情報 個人情報保護方針 お問合せ
サービサーとは

サービサーとは


「債権回収会社(サービサー)」とは、1998年10月に公布された「債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)」に基づき、法務大臣の認可を受けた民間の専門業者で、債権の管理回収に係る様々なサービスを総合的に提供することから、「サービサー」と呼ばれています。当社は法務大臣より94番目に認可を受けております。


債権管理回収業に関する特別措置法
第 一条 この法律は、特定金銭債権の処理が喫緊の課題となっている状況にかんがみ、許可制度を実施することにより弁護士法(昭和二十四年法律第二百五号)の特例として債権回収会社が業として特定金銭債権の管理及び回収を行うことができるようにするとともに、債権回収会社について必要な規制を行うことによりその業務の適正な運営の確保を図り、もって国民経済の健全な発展に資することを目的とする。


法務大臣許可条件
資本金が5億円以上の株式会社であること。
常務する取締役の1名以上に弁護士が含まれていること。
暴力団員等の関与がないこと。



全体図




戻 る